整体師になるには通学が一番|自分にあった学校を見つけよう

ハートを持つ看護師

学校の違いを知ろう

微笑むナース

病院などの医療施設で働いている看護師は専門学校や大学でしっかり学習して、資格を取得した上で医療行為に従事しています。看護師は病院で医師の援助を行いながら患者のケアを行なっていくので体力、精神力ともに強い人でないと続けることは難しいものです。しかしその分やりがいや使命感が強い職業でもあるので、看護師に憧れて専門学校などに入学する人はたくさんいます。一般的に高校卒業、看護の専門学校や短期大学、看護大学に通って国家資格を取得します。看護師になるための学校にはそれぞれ違いがあるので、違いを把握して無理なく通い続けられる学校を見つけましょう。看護大学では、年々多様化していく医療に臨機応変に対応しており、患者の状況を把握し適切な処置をするための判断力を養うための授業が多く組まれていて、専門分野以外に一般教養科目もきちんと勉強できます。四年間かけて勉強していくので非常に幅広い分野の学習が出来ます。人によってはもっと知識を深めるために大学院に進学することもあります。対して専門学校は主に三年制を敷いていて、カリキュラムの約三分の一が看護実習です。限られた時間の中で実習を多く重ねることで、実際に現場に出た後に即戦力として働くことが出来ます。また、大学と比べて費用が安くなるので、学費を抑えつつ確かな医療技術を身に付けたいという人は専門学校に通うと良いでしょう。専門学校でも大学同様に看護師国家試験の受験資格が得られるので、病院だけでなく保健所や一般の企業でも働くことが可能になり就職の幅が広がります。